2011/04/22

専門基礎分野

専門基礎分野では「人間の構造と機能」、「疾病の成り立ちと回復の促進」及び「健康支援と社会保障制度」についての知識の修得が求められている。本校では専門基礎分野を看護の学習を支持し、看護実践の基礎として人体及び人間の健康について学習する場、また基礎分野を土台とし専門分野の基盤となるよう位置づけている。
この中では、日常生活行動と生命活動のつながりや、日常生活行動をどのようなしくみで行っているかを実践でイメージできるように学び、健康・健康障害に関する観察力・判断力を養い看護学に発展できる科目や、社会のニードを捉え、他の保健医療福祉関連職種と協働しながら社会に貢献するために必要な知識を培うための科目と設定している。

カリキュラムの詳細はこちらをご確認下さい。

ホームへ先頭へ前へ戻る