教育理念

人がよりよく生きるために

教育理念
看護は生命の尊厳を基盤として、個人の幸福へと生活過程を整えていくことであり、人がよりよく生きることができるよう、意図的な援助を行うことである。
本校の教育指針は、あらゆる健康段階にある人を対象に、自己の看護観をもって看護活動ができる能力を養うとともに、豊かな人間性を育み、地域社会に貢献できる看護師の育成を目指しています。
教育目的
看護の専門職業人として、必要な知識・技術・態度を修得させ、豊かな人間性を育み、地域社会の保健医療福祉のニーズに対応できる看護の実践者を育成する。
教育目標
  • 看護の対象である人間を統合的に理解する能力を培う
  • 生命の尊厳と個人を尊重するための能力を培う
  • 人間関係を築くためのコミュニケーション能力を培う
  • 専門的知識・クリティカルシンキング・科学的根拠に基づいた看護を
    安全に実践できる能力を培う
  • 保健医療福祉チームの一員として地域社会のニーズに対応できる能力を培う
  • 豊かな看護観を育み、常に看護を探究する能力を培う
PAGE
TOP